たいへん!初めての決算特別委員会

2007年10月16日 08時07分 | カテゴリー: 議会、選挙、政策

なんで毎日徹夜なの?

私にとってはじめての決算特別委員会(決特)。16日、最終日を迎えました。
生活者ネットワークの質問の持ち時間は2期目の小松久子さんと私とで10分。小松さん3分、私7分に分け(「市ちゃん新人だから長くおやり。慣れるから」ありがと(T_T))、
9日火曜日から金曜日までの4日間、この7分間のために4日間ほぼ徹夜でした。昨年度の税金の使途を認定するかしないかを判断するために質問していくのですが、それと共にネットの考え方を明示しつつ市民政策の実現をめざして来年度の予算を獲得すべくあーだこーだと質問していきます。質問をする費目は日ごとに設定されています。
初日 一般会計歳入歳出決算及び各特別会計決算 
2日目 議会費 総務費 生活経済費 職員費 
3日目 福祉費 環境清掃費 
4日目 都市整備費 教育費 
毎日、毎日出番があり、そのため、毎日毎日徹夜でした。たかだか7分なのですが、途中で時間が余るかもしれないので多めに準備をします。私の場合は、質問項目を列挙し、優先順位で動かし、それに肉づけていき、順番に質問を積み上げていきます。
主なものは・・・・、
◆ 職員の防災活動の体制について
◆ 民間事業化提案制度について(「ゆう杉並」に対し一般企業がプロポーザルで手を上げました)
◆ 証明書自動交付機の適正配置
◆ こども発達センター
◆ AED
◆ 自転車駐輪ラック
◆ 図書館の障害者サービス
◆ 自転車の駐輪ラックについて
を質問しました。
今度は10分ずつ、一人ずつ1日おきにやりましょう、と小松さんと話し合いました。毎晩の徹夜は勘弁して〜!

写真 環境博覧会すぎなみ2007の「エネルギーカフェ」に設置された省エネ宣言のパネル 10/14