区内で302か所目の公園がオープン!

2008年4月16日 12時32分 | カテゴリー: 川・みず・みどり

ウォーカーはトイレを待っていた!

そのトイレは、いいえ、公園は区立定塚橋(じょうづかばし)公園。環七と善福寺川が交わっているところに神田川・環状七号地下調節池善福寺川取水施設があります。その西側に隣接している土地が公園になり、今日オープンしました。公園を待ち望んでいた町内会の方々、ご近所のかたがた、保育園の子どもたちがおおぜい集まり、オープンを祝いました。

この公園は善福寺川をウォーキングする方たちも待ちに待った公園でした。というのも、川沿いをウォーキングする人たちがたくさんいらっしゃるのですが、トイレがありませんでした。都の取水施設の中にあるトイレを使わせて欲しいという声が多くありましたが、常時係員がいるわけではないということでかないませんでした。
で、この公園。トイレがあるのです!

公園にトイレはつきものと思っているあなた。それは、あなたが杉並区民だからかもしれません。これまで、いろいろな地域に活動の応援で入ってきましたが、一番困るのはトイレ。区部ならまだしも市部となるとスーパーもコンビニもなく、あるのは無人農産物販売所。杉並の公園よりもズーッと広い公園を見つけ「やったー!」しかーし!砂場、ブランコ、すべり台はあるが「トイレがない!」
ですから、他自治体の生活者ネットの仲間からは、「杉並の公園ってトイレがついていていいわねー!」と感心され、妙なところで評価が高い。複雑デス。

ここのトイレは1室です。子どもも大人も女性も男性も障がいがあっても使える「みんなのトイレ」になっています。公園のオープンだというのにトイレの話しばかりで・・・。
とにかく、公園がオープンしました!