三人乗り自転車解禁!とはいえ、すでに3人乗りで、いや背中に背負って4人乗りも走ってるし…

2009年7月22日 00時20分 | カテゴリー: 自転車・道路

補助金か、レンタルか。子育て応援券が使えるといいのにという声が

久々に「自転車」ネタです。早く書きたかったのですが、都議選告示日直前で、当方に書く余裕がなかったもので。

7月1日の道路交通法規則の一部改正にあわせ、子ども2人乗せ自転車が認可になりました。一度は幼児2人を乗せてた自転車は禁止するという案が出されましたが、子育て中の家庭から反対意見が続出。そこで、車体の強度やブレーキ性能などの安全基準を満たす新基準の自転車に限り、3人乗りを許可しようということになったのです。しかし、従来の自転車に乗っていても、当面は取り締まらないようです。

そもそも、道交法が改正される背景には何があったのか、気になります。幼児2人を乗せて走っている自転車の事故が増加しているという話は聞きませんが、子どもを乗せたまま停車している自転車が転倒する事故が多い話は聞きますし、私も目にしています。

わが娘も、2人の子どもをかかえ、1年前に前と後ろにラックが付いた自転車を購入。幼稚園の送り迎えに愛用しています。基本的にあの時点で3人乗りは禁止だったわけで、販売店は「3人乗り禁止」と知りつつ、3人乗り用に仕立てた自転車を売っていたことになります。
このところ、自転車販売店は売るだけでいいのだろうか、とずーっと気になっています。自動車の場合は、自動車教習所があるのに、自転車は教習所はありません。では、どこで道路交通法を学ぶのでしょうか?購入手続きをしている間の時間を使って、簡易自転車教習ができないでしょうか。

娘は、子ども2人乗せ自転車解禁を契機に、新基準の電動アシスト自転車に買い換えることを検討しているようですがこれが高い!12〜13万円するといいます。見に行ったものの<写真上>その金額に躊躇しています。店員さんに訊くと、新基準の製造が間に合わなくて、申し込んでも1か月近く待つそうです。夏休みでもあるし、当面取り締まりはないようだし、数年しか使わないものだし、少し頭を冷やして考えるとのこと。自転車を見に来ている人が大勢いた、と言っていました。案外、「3人乗り自転車解禁」の方が、どこかに眠っている定額給付金より経済効果がありそうです。

この、子ども2人乗せ自転車に補助金を出す前橋市、レンタル対応する三鷹市など、自治体でさまざまな対応が検討されていると聞きます。さぁて、杉並は?
この4月から、インフルエンザの予防注射に子育て応援券が使えるようになりました。ということは、もうほとんど「金券」状態なわけで、紙おむつや新基準の自転車を買うのに使いたいといという声を無視できないのでは?

いずれにしても、自動車を運転する人は自転車を、自転車に乗る人は歩行者を、思いやった安全運転を心がけてほしいものです。