緊急地震速報だ! 着替えが先か?靴が先か?

2009年8月25日 09時52分 | カテゴリー: 安心・安全

しかしNHK、なんで政見放送なのか?

靴3足持ってきた。あとで、なんで私の靴が男二人の靴の上に乗っているのか、と問題に。いいじゃないの、小さいことには目をつぶる。
靴3足持ってきた。あとで、なんで私の靴が男二人の靴の上に乗っているのか、と問題に。いいじゃないの、小さいことには目をつぶる。
今朝、6時半過ぎ。ピロロロンピロロロン ピロロロンピロロロン の音。
ナニ?地震???え〜ッ、地震???
眼はまだ閉じている。もう一度、ピロロロンピロロロン ピロロロンピロロロン…
大変!地震が来るって!ガバッと飛び起きる。正座をして画面を眺める。アナウンサーが「緊急地震速報です。落ち着いて行動してください」と言っている。画面には関東地方の地図が映し出され、東京、神奈川、埼玉、千葉、茨城・・・真っ赤に色づけされている。ヒェー!地震が来るって!とりあえず、逃げ場の確保で窓を開けた。
10秒ほど経ち、「そうだ!靴だ!」がれきの中を歩くには靴が必要だ!階下に駆け下り、靴を3人分かかえ、2階に戻る。寝ている息子を「地震が来るって!起きなさい!」と起こし、再び正座してテレビを見つめる。この時点で警告音から30秒は経っている。
ん〜、揺れない。揺れはこないのか?これから揺れるのか?大丈夫なのか?この間、NHKにチャンネルを変えたが、政見放送がかかっているだけ。NHKはやってない。テロップもない。日テレとTBSだけが緊急地震速報を出している。

結局、誤報とのこと。ヤレヤレ。
しかーし!誤報にしても、早く言ってほしい、間違えました、って。
テレビをつけていなかった場合、事前にわからないわけで、情報格差が出る。24時間テレビをつけっ放しにはフツーしないわけで…。待機電力をONにしておくと緊急地震速報の場合、自動的に電源がONになり、放送が流れるのではなかった?(夢だったのか?)気象庁のHPで「地震」を見ると、毎日全国のどこかしらが揺れている。

そういえば、先日の震度6弱の地震の時、緊急地震速報が流れたのを気づきませんでした。5時7分。しっかり寝ている時間です。テレビはつけていなかったので当然ですね。
緊急地震速報がでたものの、地震は来なかった、ならまだいいですが、構えもなしに来てしまったら、これまでと何一つ変わらないわけで、緊急地震速報を導入した意味って何?ということになりますね。テレビ・ラジオをつけていない人に注意を促すにはどういう方法がある?防災無線と連動させる?
「緊急地震速報が発令されました〜ァた〜ァた〜ァた〜ァ

廊下に並んだ靴3足<写真上>。「何で靴なの?まず着替えでしょー」と夫。「ウンニャ!まず靴。パジャマ着ているんだからいいじゃない。裸足じゃ瓦礫の中歩けないでしょ!」着替えだ、いや、靴だ、と言い合っていたのですが、着替えと靴はいつも枕もとに置いておけば、次の行動に移ることができるわけで、日頃の準備が大事だという訓練になりました。振り返ってみると、一人バタバタ家中をかけずり回っていました。30秒で結構いろいろなことができることがわかった朝のひと時…デシタ。

それにしても、やっぱり指示を出す人が家には一人必要ね、複数はいらないけれど、と言って笑ったのでしたが、高齢者だけの世帯はとても不安で心配でしょう。地域の人の目配り気配りの声かけが大事ですね。