高圧線の鉄塔を見て電磁波問題を考える

2010年1月30日 13時02分 | カテゴリー: 安心・安全

ミッキーマウスが電線にぶら下がっている!の図

宙づりミッキーマウスの頭に見えませんか?
宙づりミッキーマウスの頭に見えませんか?
まちを歩いていると「おや?」というものに出会うことがあります。
先日、善福寺川の橋の色チェックをしながら都立和田掘公園まで行きました。公園を抜けたところに大宮橋があり、そこから下流方向を眺めていると視野に入ったのが宙づりミッキー(と私は呼んでいる)。高圧線に必ずと言っていいほど付いています。ある人に「ミッキーマウスが電線にたくさんぶら下がっているよ」と教わって以来、ミッキーマウスにしか見えず、見つけるとクスッと笑ってしまうのがこれ<写真>

近くに寄って見ると集音機みたいで、ちっともミッキーマウスには見えないのに、遠目で見るとミッキーマウスの頭が電線からぶら下がっているのです。東電にたずねたところ「カウンターウエイト」といって、電線に雪が積もったときに電線のねじれを防ぐもの、と教えていただきました。
皆さんも見つけてみてください…と言っている場合ではありません。ついでに区内には高圧線を支えている鉄塔は何本あるのか、とたずねたら「160本です」。え〜ッ、そんなに?!
高圧線は電磁波の問題を抱えています。電磁波と言うと携帯電話、電子レンジがよく言われますが、日本の基準は外国と比べて緩いという現状があります。

その他に電磁波の漏洩が心配されるものは、IHクッキングヒーター、ヘアドライヤー、電気カーペット・電気毛布、電気ミキサー、テレビ、ラジオ、電気カミソリ、蛍光灯、電気掃除機、電気こたつ、だそうです。たとえば、台所でラジオをかけ、電子レンジを使い、IHで煮物を作っていたら携帯電話が鳴って、話しながら天井を見たら蛍光ランプがついていた・・・なんていう場合(そんな場合、あるかな?)、どっぷり電磁波漬け状態。

電子レンジを使っているときはそこから離れる、ホットカーペットを電磁波99・9%カットというものに買い換えた、くらいしかできていませんが、もっと深刻に考えるべきものなのかもしれません。私たちは電磁波の情報を「知らないで使っている」ことが多いです。対象家電製品に電磁波情報を記載すべきだと思いませんか?

簡単に調べる測定器を杉並ネットで貸出していますのでお声をかけてください。知って初めて、自分の身は自分で守る、になるのですから。しかし、測定して数値が高く出たあと(電子レンジ使用中測定したところ大きく針が振れていました)、どう身を守るのかが課題です。