成城ミセスのカルチャーはアグリカルチャー?

2010年4月23日 02時39分 | カテゴリー: 川・みず・みどり

JAが経営するおしゃれなカフェと小田急電鉄のファーム!

大河原雅子(参院議員)さんの後援会主催の「都市農業見学ツアー」報告は前に書きましたが、とにかくビックリだったのが解散場所の成城学園前駅の駅前に広がっていた景色。
アグリス成城」。小田急線が地下化となり地上の線路地が空地になった。それで、農園をつくったものです。土の深さは40センチだとか。1区画6㎡で1か月1万2千円。シャワールーム、パウダールーム完備。水やり、草むしりなど有料で請け負ってやってくれます。成城ミセスのカルチャーはアグリカルチャー、なんちゃって。(^_^;)農園の上に立っていると、地下を通過する電車の音が「ごお〜」っと聞こえます。妙だぁ。

次の驚きは、JA砧が開設した1階が世田谷産の野菜販売所、2階が「ゆっくりとカフェ(レストラン)」になっている「ファーマーズマーケット二子玉川」。JAにしては(失礼!)おしゃれ。ここで昼食をとりました。ワンプレートランチ1,200円で、お昼にはちょこっとお高いかな、と思いましたが、お野菜をふんだんに使ったお料理には大満足<写真上>。このレストラン、若い人たちがやっていらっしゃいます。12時前に入ったので私たち20名は座れましたが、12時には外にお客さんが並び始めました。いつもだったら、入れたのでしょうね、きっと。1階で世田谷産きゃらぶきを買いました。茎と葉っぱをそれぞれ佃煮に<写真下>。1束100円で2束買いましたが、時価…じゃなくて、地価だといくらかな?と考えてしまいました。家族には「お高いのよ〜、地価だから」とおどかしましたら、「そうだろうな〜」と大事そうに食べていました。情報もご馳走です。←情報操作とも言う(^_^;)