練馬で気温38.2度!! でも、東京の気温は37.2度と発表

2010年8月18日 01時21分 | カテゴリー: 市橋あや子は考える

「熱帯夜をなくす」って政策は遠のいていく〜

協働契約についての学習会で。青山の地球環境パートナーシップオフィスで。暑い!
協働契約についての学習会で。青山の地球環境パートナーシップオフィスで。暑い!
「暑い!」
もう、暑いんだから言ってくれるな、禁句だ、と言われそうですが、体温以上にアツい空気に包まれているわけですから「暑い!」←自棄(ヤケ)になっている

みなさん、お元気ですか?
昨日、練馬で38.1度、今日は38.2度。なのに、気象庁発表の東京の気温は37.2度。「東京」とは、大手町にある気象庁での観測値?東京の気温として発表する場所はここでいいのか?おおぜいの人がいる新宿や渋谷あたりが「東京」の気温として、感覚にフィットするんだけど。

しかし、この暑さ。7月15日から熱帯夜続き。7月21日から猛暑日が現れたことが、夏休みの天気でわかります。
みどりのカーテンや屋上緑化、校庭の芝生に取り組むところが増えているのになぜ?いや、だからこの気温で収まっていると考えよう。木にしがみついて鳴いているセミも、あまりの暑さに失神して木から転げ落ちて道路に転がっている。←暑さのせいではないですね
深夜までセミが鳴いています。あぢー、あぢー…って。
熱中症に注意、とテレビ、新聞、ラジオ、webで伝えています。が、東京で熱中症で亡くなられた方が100名となり、過去最悪な状況になっています。水分をしっかり摂って、梅干し食べて乗り切りましょう。

今年度、杉並区立の小学校3校にクーラー設置が決まっており、2校(桃五、天沼)が設置済み、これから杉六が予定されています。これまで、前区長が「私のいる区長室もクーラーをかけていません。窓を開けています。さまざまな工夫で暑さは緩和できます」などと発言。杉並の子どもたちは、光化学スモッグが発令されると窓を閉め、一層暑い教室で授業を受けていました。この東京でクーラーなしは厳しい。田中新区長になり、たぶん「こんなに暑いのだから、クーラー付けなきゃ」となるのではないか。田中区長の公約にもあることだし。

クーラー設置の順番はどうなっているのかというと、エコスクール化(エコ改築、エコ改修)が終わった順になっています。何か変ではないですか?エコ化した学校は、夏涼しく冬温かいのですからエアコン入れるのであれば順番は後でしょう、フツー。
クーラーの運転にはルールがあって、たとえば、外気温が〇度以上になったらつける、光化学スモッグ注意報が発令されたらとか、設定温度は28度にする、などがあるようです。

もうすぐ新学期。この暑さは収束しているでしょうか。
子どもたちの「学び」の環境に差が出ないようにすべきです。実は、生活者ネットの子ども部会でも、「学校にクーラーはいらない派」VS「今の気候状態ではいるでしょー派」が自論を展開。いずれにしても、「子どもが健やかに伸びやかに育つ環境をつくる」というところで合意点をみつけてやっています(^_^)v

今夜は、なんとこの暑さの中、秋の虫コオロギが鳴き始めました。虫の音に免じて(?)、早く涼しくなってほしい。せめて、昼間32度どまり、熱帯夜STOP!沖縄の方が涼しい。沖縄に「避暑」に行きたーい!