東京23区は震度5強でした

2011年3月11日 23時06分 | カテゴリー: 安心・安全

正しい情報が欲しい!

頭隠して尻隠さず。でも素早い行動でした。地震の時は声をかけて指示する人が必要です。「こわいよ〜、こわいよ〜」の小松さんの声に、「机の下に居れば大丈夫!」と妙な自信の私でした。
頭隠して尻隠さず。でも素早い行動でした。地震の時は声をかけて指示する人が必要です。「こわいよ〜、こわいよ〜」の小松さんの声に、「机の下に居れば大丈夫!」と妙な自信の私でした。
震度5強ですって!ほらね〜。

しかし、震度いくつか、というのはどうでもいい情報だということがわかりました。揺れた後に聞いたところで「やっぱりねー、道理で揺れてたわけよね〜」と経験として体が覚えている情報でしかないわけです。特に役に立つものではないですね。
やはり、事前に「ピロピロピロ〜ン」の緊急地震速報が絶対に欲しいです。でも、なかった。

余震が続きます。あ、結構大きい。

「こまつ!もぐって!」(写真)と声をかけ、揺れが落ち着いたところでパチリ。
隣りの会派の控室にはテレビが入っていないので(設置を断っているせいだと思う)うちの控室に地震速報を見に集まってきました。(ヘルメット着用とは準備がいい)

とんでもないことになっている映像が入ってきました。津波被害がすごい。おおごとになりませんようにと願うだけです。

議会棟でつないでいる東棟、西棟の結節部分に問題が生じたようです。天上から建材とみられる粉末状の物質が落ちてきました。大丈夫か?アスベスト…ではないですよね。