杉二小の第127回入学式、新一年生は75人3クラス

2011年4月6日 12時08分 | カテゴリー: こども 教育

被災地から杉並区への転入生、13名

議員には「入学式のご案内」が届きます。(卒業式の案内はないです。なぜかな?)
今日6日、区内小学校の入学式が行われ、案内をいただいた杉並第二小学校に伺いました。

3月25日の卒業式はとても寒い体育館で行われ、参加者、卒業生も「コン、コン、コン・・・」と咳が多く聞かれるといった具合でした。でも被災地の方たちの状況を考えれば恵まれている、と思いつつ。今日は風もなく穏やかで暖かな入学式となりました。善福寺川の桜は6分といったところでしょうか。
そういえば、昨日同僚議員の小松さんが「桜の蕾ももう開き始めるころになったわね」と言うので、「おーい!どこ歩いているの?もう6分咲きにはなっているわよ」と答えました。「えッ?!^_^; 善福寺公園のあたりはまだよ。市ちゃんどこ歩いているの?」「阿佐ヶ谷周辺。善福寺川緑地公園なんて7分咲きくらいよ」「杉並区って広いね〜」という話を二人でしていたのでした。

杉二小の新入学生は75名、3クラスです。2年生、4年生が4クラス、あとは3クラスずつということで合計20クラスです。ピヨピヨの1年生を迎える2年生。1年前は目の前の1年生のようにピヨピヨしていたのに、どうでしょう!しっかりしたお姉さん、お兄さんになっていました。子どもの成長はすごい!また、4クラスともなると、演奏の音量にも迫力があります

被災地から杉並区に避難していらして区立学校に通う子どもたちは13名(小学生10名、中学生3名)です。大変な暮らしの変化があったなか、見知らぬ土地でその学齢なりの新たな生活が始まります。よく言われるところの「心のケア」が必要だと思い、区教育委員会に伺ってみました。教育委員会としても、カウンセラーなどの体制を整えていく準備を進めているそうです。早く仲間に溶け込んで、すぎなみっことして学んで遊んで大きくなーれッ!