市民の議席、3つ獲得! 議会改革を進めていきます!

2011年4月25日 09時59分 | カテゴリー: 議会、選挙、政策

「わーい、シュレッダーが買える!」事務局長の喜びはここだったかぁ・・・

3人の当選が決まり喜ぶメンバーたち。
3人の当選が決まり喜ぶメンバーたち。
4月24日が投票日の区議会議員選挙。即日開票が行われ、私は2596票(29位)のご支援をいただき、当選しました。

今回の選挙は、東日本大震災のあとということもあり、「防災」「エネルギー」政策を訴える候補者が目立ちました。私はちょうど1年前に、「大規模災害時への備えは万全か?」と区の防災計画などを質し、また、今年度予算案を審議する委員会でも、震災に関連した事項を質してきたところです。今回の選挙で「防災計画の見直し、自然エネルギーへの転換をすすめる」と訴えて当選した他会派の議員の方とも連携をしながら、政策実現に向けて活動していきます。

「3人当選したら、3人当選したら・・・」と呪文のように呟いて当選を待ち焦がれていた私ども杉並ネットの事務局長。「3人当選したらどうしたいの?」と訊くと、「シュレッダー買いたい!遊説する時の旗のポールを買いたい!」・・・・・エライ!(^_^;)
生活者ネットワークは、カンパとボランティアで活動をしています。私たち議員も生活者ネットワークに寄付をしていますが、生活者ネットの事務所を借り、事務局員を配置するにも費用がかかります。都議選を2回達成できていないので厳しいやりくりでした。

(3人になれば、3人になれば・・・)と事務局長は計算機をたたいていたのでしょう。重要書類の廃棄にはとても気を使います。3人の当選が決まった瞬間、「シュレッダーが買える!」実感こもった叫びでした。するとそこに居合わせた人がぽつりとつぶやきました。「いま、シュレッダーって5000円もしないで買えるわよ」
「いいの!高い、安いの問題じゃないの!いま必要なものが最大の価値があるものなんだから!」と事務局長。(私たちの価値って5000円かぁ、ポールだって8000円だしなぁ・・・ま、いいか!)

市民政治の実現に向けて3人で力を合わせて進んでいきます。今後とも、杉並・生活者ネットワークにご意見をお寄せください。