今日は当選証書付与式…付与?ふよ?…でした

2011年4月27日 10時42分 | カテゴリー: 議会、選挙、政策

授け与える・・・誰が?・・・選挙管理委員会が

当選証書を手に。
当選証書を手に。
1期目の時もあったのだろうか、当選証書付与式。
24日即日開票で当選が決まった人に選管からFAXが送られてきました。「4月26日に当選証書付与式があるので出席してください」と書いてありました。
付与式・・・???。

思い起こせば20年(に、にじゅうねん!!)前、1991年、樋口蓉子さんが区議会議員に初当選した時、選挙管理委員長が当選証書を持って事務所にいらしたのは記憶しています。20年前(古い)のことは覚えていて、4年前(新しい)のことを忘れている!(コラコラ、まずいんじゃないか?)
「付与式」、馴染みがない言葉に戸惑いましたが、授け与えるわけですので与えてもらいに行って来ました。

今回の選挙で決まった48名がアイウエオ順に腰かけ、ひとりひとり順番に名前が呼ばれて選挙管理委員長から証書を受け取ります。区民の皆さんから「しっかり仕事してくださいよ」と委員長を通して言われたと思っています。(そうかぁ、選管の委員長ってすごいお役なんだ、と今さらながら感じた次第です。小林委員長、すみません)

現職は4月30日まで任期があります。今回の選挙で選ばれた区議会議員は5月1日から次期のスタートを切ります。
また4年間、今回の選挙で掲げた政策実現に向け、また、市民政治がまちに根付いていくようしっかりと仕事をしてまいります。