放射能の測定はトップの指示がないとできないらしい。なぜ?

2011年5月15日 01時51分 | カテゴリー: こども 教育

「区にある測定器は土や大気を測るものではなく、南相馬市から帰ってきた職員の放射能を測定するためのものです」

杉並ネットの会員だった藤原美佐子さんと。東京ネット推薦で文京区の区議に立候補し、初の当選。
杉並ネットの会員だった藤原美佐子さんと。東京ネット推薦で文京区の区議に立候補し、初の当選。
先日、保健所に放射能測定器があるかどうかを聞いた時に「持ってございますが、古いので買い替える予定にしてございます」(なんなんでしょうね、この「○○してございます」言葉は。文法的に間違っていると思うのですが)という返事があったことを書きました。

担当者に聞いてからひと月が経過したので、その後どうなっているかを尋ねました。
「まだ新しい機械は買っていません。区長から水を検査するように指示があったので水の検査はしています。土や大気は検査しません」
「なぜ検査しないのか?」と訊くと、「(原発が)遠方の事故であることと、近くの地点(新宿)では問題ない数値が出ていますから」とお返事がありました。

「子どもの屋外の遊び場を心配する保護者の方たちから、幼稚園や保育園の園庭を測ってもらいたい」という声が上がっています。しかし、区は「土や大気は測りません」と頑なに測定を拒みます。高い数値が出てしまうと困るから?

国が、過去に水素爆発があったことやメルトダウンをしていたことを公表していますが、国民をばかにしていること甚だしく、新たな報道があるたびに怒っています。天笠先生風にいうと「タオルを投げつけている」とでも申しましょうか。

いまひとつ「土や大気を測定しない」理由がわかりません。今度担当課に、タオルを持って聞きに行って来ます。