委員のご指摘のように3m行って1m下がるという急傾斜になってございます

2011年11月13日 00時51分 | カテゴリー: 自転車・道路

やっと議事録の訂正にこぎつけた!

「ほらね」
2年前の決算特別委員会で、杉並公会堂の駐輪場のスロープが急傾斜になっていることを指摘したところ、営繕課長から「基準通り4m行って1m下がる、となってございます」と答弁がありました。お子さんを自転車のチャイルドシートに乗せてスロープを上がり降りするママから「公会堂の駐輪場のスロープの傾斜がきついのではないか」という声からの質問でした。測った結果、3m行って1m下がるという急傾斜度になっていることが判明。
しかし、議事録では基準通りとなっていて、それに続いて「そういったお声があるということですので、人員を配置するなどして安全を確保してまいります」となっています。つまり、基準通りになっているのを市橋がいちゃもんつけたということに。

現在は、スロープの下に係員が1人配置され、手を貸してくださっています。そこで、今回の決算特別委員会でスロープの傾斜度を再び質問しました。
「委員ご指摘のように3m行って1m下がるという急傾斜になってございます」と答弁がされました。根に持たない方なのですが、この件はこだわって関わってきただけに「フーッ!やれやれ」。

いずれにしても、危険がないように駐輪場を使用していただければそれでよいのです。
しかし、公会堂の駐輪場は設計ミスですよね。