「関根プール廃止」という区の考え方が示されました

2011年11月30日 01時29分 | カテゴリー: 川・みず・みどり

来月、地域住民に向けて説明会が開かれます

関根文化公園プールのシャッターが閉まって8か月。公園に戻すことを望む声が届いています。
関根文化公園プールのシャッターが閉まって8か月。公園に戻すことを望む声が届いています。
3月11日の震災で、上荻4丁目にある関根プールが被害(ろ過装置と地盤沈下)を受けました。

以下、先の決算特別委員会での質疑です。
○プールの地所はどこの所管課が持つ地所か?
⇒公園課
○今年の夏期はプールが使えなかったが、地域の方の不便はなかったか?
⇒荻窪中、井荻中で学校開放プールが利用できる。上井草スポーツセンターがある。
○地域の方から何か声が寄せられているか?
⇒公園に戻してほしいという声が来ている。
○最近の利用人数の傾向は?
⇒ピーク時の半数以下になっている
○建ててからどのくらい経っているのか?
⇒半世紀近く(築後44年)
○関根公園の下に雨水貯留管を埋設して雨天時の初期雨水を溜める都の計画があるが知っているか?
⇒善福寺池から環八までの約3.8kmに雨水貯留管を入れる計画があるが、地域住民の理解が得られずそのままになっている。一番濃い汚れを川に入れないためのものだが、雨水を貯留するので洪水対策にも生かされるものと考えている。
○プールをつくり変えるか公園に戻すのか区の考えは
⇒住民の皆さんのお声を聞きながら進めていきたい。

⇒が区の答弁です。今日の文教委員会(プールは教育委員会関係です)で「プールを廃止して公園に戻す」という区の考え方が示されました。

12月に(明日から12月!師走!)地域住民に向けて説明会が開催されます。まだ日にちは決まっていませんが、住民の皆さんが参加しやすい日程で複数回開くよう要望していきます。