「元気になりました」— 坂の上のけやき公園のけやきが新緑に包まれた

2012年5月3日 13時12分 | カテゴリー: 川・みず・みどり

元気になったけやきの木。接着剤の後もなくなりました。
元気になったけやきの木。接着剤の後もなくなりました。
雨の日以外は毎日お散歩で通るというご高齢の方から、「あのけやきの木、新芽がでたのよ。見に来てね」と言われ、久々に「坂の上のけやき公園」(西荻北4丁目38)に行ってきました。(写真)
昨年10月の台風でけやきの大木の幹が裂けたもので、区は接着剤でつなぎ、上部をワイヤーで固定して様子を見る、としていました。あれから半年。

どの枝からも新緑が芽吹き、サワサワと風にそよいでいました。よかった!命がつながった!万一の場合はただの「坂の上の公園」になってしまうところでした。(本当か?)
当時、区が4億円で買ったけやきの大木付きの土地につくった公園です。木の他にはベンチが置いてあるだけで何もありません。だから子どもたちがこの木にしがみついて遊びます。地域の人みんなに愛されているこの木は、中央線からも見えるランドマークです。大事にしていきたい木です。