一年を振り返った雨の三十日、「洗車回数券」で幸福越年論

2012年12月31日 03時47分 | カテゴリー: 市橋あや子は考える

2012年が暮れようとしています。
この時期、区は「区の1年の出来事」を紹介してます。
杉並区基本構想・総合計画の策定、区制80周年、東電グランド用地取得、済美山運動広場開園などがありました。

今年1年を振り返ってみると、前半は原発の是非を問う都民投票条例制定を求める直接請求署名活動と、市民が都議会議員一人一人に会ってこの運動を説明するロビー活動を支援する活動に取り組みました。しかし、議会の果たす役割、直接請求の仕組みを理解できない都議会議員により否決され、民意を反映できない都議会であることを露呈させた結果となりました。

天沼3丁目の地図を使ってDIG(災害時図上訓練)を体験。DIGには正解はない。参加者が与えられた条件の下、自分が知りうる地域の状況、課題を出し合いながら避難できる方法を出し合います。

後半は、かねてから住民自らが公共施設を借りて行う防災訓練、避難所体験を企画しているまちづくりの市民グループとともに活動しました。「一般市民」ではなかなか公共施設を借りて避難訓練を行うことが困難な現実にぶつかった一年でした。あきらめずに、実施できる方法を考えていきたいと思います。

ま、困難なことにぶち当たっては奮起して歩き出す…そんな一年でした。このような中で、来年7月に行われる都議選に、同僚議員の小松久子さんを予定候補者として送り出すことを杉並・生活者ネットワークが決定した年でした。必ず都議会に送り届けます。

夫が車に給油するというので珍しくガソリンスタンドに付き合いました。スタッフの方が「洗車回数券があと1枚しか残っていませんが、大晦日まで回数券が15%オフとなっています。1冊いかがですか」と勧めました。夫は「いいわ」と辞退。
「なんで?自分で洗うの?」と私。
「いや、今日買わなくても・・・」
「でも1枚しか残っていないんだからいずれ買うんでしょ。だったら今買ったら?年開けたら定価、今なら15%オフ。だったら今買った方がお得じゃない。ガソリンスタンドも売り上げアップ、お互い幸せな気持ちで年を越そうよ」
「んー、うちが年越せなくてもいいのか?」
「・・・・・(うち、年越せないのか?)・・・」(-_-;)
おあとがよろしいようで。 

どうぞよいお年をお迎えください。