やっとこさっとこコルセットから這い出しました

2013年5月10日 08時44分 | カテゴリー: 活動報告, 自転車・道路

抜け殻と言ってもよいコルセット。右は半月間着けていた腰サポーター。

1月の自転車落下事故から3か月半、コルセットを着けてからまる3か月が経ちました。おかげさまで、この連休明けにコルセットから卒業することができました。ご心配いただいていた皆さま、ありがとうございました。 

寝るとき以外装着し続けたコルセットは、もう体の一部と化していまして、外した日(7日)は、甲羅を外した亀、殻から引っ張り出された刺身待ちサザエ、引っ越ししようと殻を抜け出したヤドカリ・・・のような(こういうたとえでいいのか?)、身の置きどころがない、私はだれ?という状態でした。 

まだ第一腰椎に違和感はありますが、それも徐々に薄れてくるとのことでとにかくこのケガの治癒には「時間」が唯一の特効薬ということを実感しています。平坦な道は自転車に乗れるようになりましたが、問題は坂道。杉並区は3本の川があるため、特に南北に走る時は坂道を避けられません。上り坂になると前傾姿勢になるためきついです。コルセットに守られていたため腹筋、背筋が落ちているのでしょうね。

お会いする人たちが「大丈夫ですか」と声をかけてくださいます。
「まだバック転はできませんが、元気になりました」と答えています。
これから筋トレ頑張る!