無所属で立候補している大河原まさこさんは生活者ネット色の人です

2013年7月11日 00時26分 | カテゴリー: 活動報告, 議会、選挙、政策

私の愛飲料「ホッピー」。フツーのホッピーではなく「55(ゴーゴー)ホッピー」。プリン体ゼロ、カロリーはビールの1/4、アルコール0.8%。家ではビールを止めてホッピーにしています。ビールでもなくノンアルコールでもなく・・・。

6年前、民主党が「市民政治を率いる候補者」として、当時生活者ネットワークで3期都議会議員を務めた大河原さん(世田谷区選出)を出してもらえないかという打診があり、大河原さんは乞われて民主党の国会議員になりました。生活者ネットワークは、直接国政に議員を出していません。暮らしのしくみを決定するのは身近な市議会や区議会です。そこに市民の代理となる人を送り出して市民が決定に参加するしくみをつくってきました。議会で決定するところに市民が関与できるのはせいぜい都レベルまでで、国会の決定場面にどう市民が参加できるのか、その方法をまだ確立できていませんが、大河原さんを出したのをきっかけに、少しずつ国政への市民参加の仕方も学んできました。

今回大河原さんは、民主党の公認を外されて無所属からの立候補となりましたが、「無所属」といって

もさまざまある中で、どっちよりの人?と聞かれることがあります。右系?左系?生活者ネットワークも同じ質問をされるのですが、私どもの藤田代表が「右でも左でもなく、前です」と公言して以来、私も同じように答えています。

で、今回の「無所属 大河原まさこ」さんはどっち系?と聞かれることが多くなっています。「ネット色の人です」と答えると安心したお声や表情になり、「やっぱりそうなのね!応援するわ」という反応が返ってきます。大きく「生活者ネット推薦」と書いた千社札みたいなものを公営掲示板のポスターにバーンと貼りたい!