「長崎平和宣言」をかみしめる

2013年8月9日 23時11分 | カテゴリー: 人権と平和, 沖縄, 活動報告

大変!今日見たら、この潜水艦は「地域特別賞」だなんて賞をもらっていた。なんで七夕にこんなつるし物をするんだ?

68年前の8月9日、長崎に原爆が投下されました。今年の長崎市長 田上富久氏の平和宣言を聞き、「ほ、ほ~ぅ、安倍首相はどう返すかな」とテレビにしがみついたのですが、用意した原稿を読むにとどまりました。ま、発言で最初の首相を降りた安倍首相としては当然といえば当然ですね。(今回はものすごく発言に神経を使っていることがわかります)

・・・・・・・日本政府に、被爆国としての原点に返ることを求めます。
 今年4月、ジュネーブで開催された核不拡散条約(NPT)再検討会議準備委員会で提出された核兵器の非人道性を訴える共同声明に、80か国が賛同しました。南アフリカなどの提案国は、わが国にも賛同の署名を求めました。
 しかし、日本政府は署名せず、世界の期待を裏切りました。・・・続く・・・

この宣言に出てくる外務省の準備会の概要(報告)を読むと、4(3)に報告されています。
南アフリカの発言における表現ぶりにつきぎりぎりまで修文協議を行ったが、・・・」これだけでは、どの部分に対してどう問題ととらえどのようにするよう修文要請をしたのかがわかりません。こういう報告書ってあるのでしょうか。国民に理解してほしいという書きぶりではないですね。

唯一の原爆の被爆国としてなすべきことは何なのか。田上市長の平和宣言では
「戦争体験、被爆体験を語り継ぐこと」と結んでいます。私も、祖母や父母から聞いた戦争体験を語り継ぐこと、自らも学び続けていきたいと思います。

今回、沖縄の宜野湾市にある佐喜眞美術館には足を延ばせませんでしたが、次回は必ず行きたいです。