その答弁、異議あり!洪水対策を質す共産区議への答弁に公明区議を引き合いに出すのって変でしょッ!

2013年9月16日 00時42分 | カテゴリー: 安心・安全, 川・みず・みどり, 活動報告, 議会、選挙、政策

こんな答弁ってあるのでしょうか。

8月12日の豪雨でマンホールから水が噴出した。

共産党Y区議が、8月12日の豪雨被害の状況や区の豪雨時体制を質したのですが、部長が答弁に立って、
「平成17年9月4日の集中豪雨の教訓をふまえ、ゲリラ豪雨を想定し職員は警戒態勢をとっていたところである。多くの議員の方からも問い合わせがあり、こういった体制をとっていた。特に善福寺地区ではN議員(公明)をはじめとして現場でさまざまな方にお会いするなど、ともに地域を駆け回り対策をとっていたところである」

な、なんですって!?えーッ!ブチョー、その答弁はないでしょー。 
共産Y区議が質問しているのに公明N議員の名前を入れたそんな答弁するわけ?どう考えたっておかしいでしょ、その答弁。共産Y区議が自分は上がった水を排水ポンプで汲み出したと言ってるのに。は、はーん、他の部長が答弁している最中に松沼副区長が担当部長を呼んでコショコショ耳打ちしていたけれど、あれって答弁を替えたってこと?…と思われても仕方がない。そんな中味だったのだから。

共産Y区議が反論の再質問をするかと思いきや、何もなかった。なぜ?なぜ怒らない?しかし、これって公明に花を持たせたってこと?来年は区長選があります。公明に「田中区長をやってね」っていう意味?どうもそちらの方に私の興味が行ってしまう。悪いクセですね。「答弁深ヨミ」でした。 

今日も台風18号が上陸を狙っていて朝からもの凄い雨です。また河川周辺のお宅に被害が出ています。そして、23時38分に大雨洪水警報が出たことを知らせる防災無線放送が流れました。洪水被害が出ませんようにと祈るしかありません。私の政策の「雨水の貯留・浸透」をエリア限定で着実に実行するしかありません。引き続き提案していきます。 

<8月12日の集中豪雨被害>―答弁より―
民家の床上浸水18件、床下浸水7件、店舗等土間上浸水19件。
半地下など車庫への浸水を含めると北部の浸水被害は60件。

<台風18号の被害状況>-議員への報告より―
床上浸水2件、床下浸水1件、道路冠水2件、倒木7件
土のう受付数78件 計2,618袋