やんばるの森で頑張るフェアトレードショップ「比地カフェ」・・・沖縄報告2

2013年12月26日 09時58分 | カテゴリー: たべもの, 人権と平和, 沖縄, 活動報告

美ら海水族館で有名な本部(もとぶ)を北に登っていったところにあるのが比地大滝。トレッキングをしようと森に入りました。川を上っていくこと40分。整備されているので足場もしっかりしていてそう大変ではありませんが、こちらも階段続きです。そういえば約1年前は寝たきり生活だったのです、私。(この時の足の痛みはまた翌々日に出ました。クーッ!(泣))

大滝を見て引き返してきて、スタート地点にある「比地カフェ」に気付きました。おなかがすいたせいでキーマカレーの良い匂いに誘われたということもありますが、覗いてみるとそこには私が見慣れている商品が並んでいました。

20代と思われるお嬢さん(中野さんというお名前らしい)がお店にいたので声をかけたところ、「フェアトレードに興味があって始めた」とのこと。私は“運動”でフェアトレードの消費財を食べていることを説明すると、「“運動”でやっていらっしゃる方に会うのは初めてです」と。でも、こういった商品を扱うこと自体が“運動”ですし、説明を聞いて買うことも“運動”への参加です。区役所斜め向かいの青梅街道沿いにあるフェアトレードショップ「千手観音」にも並んでいるミルクチョコレートを買い求めました。中野さん、おとなしいけれど芯のある可愛いらしい女性でした。頑張れ!

頑張っている若い人を見ると応援したくなるのは歳のせいでしょうか(「そうだ!」といった声の主はだれ?)