練馬・生活者ネットワークからやない克子さんが立候補

2014年4月19日 22時47分 | カテゴリー: 活動報告, 議会、選挙、政策

応援に駆け付けた「ゼロノミクマ」(原発ゼロ)と遊説に立つやない克子さん

練馬区長選挙と同時に行われている区議補欠選挙(定数3名立候補者7名)。
練馬・生活者ネットワークの「やない克子さん」が立候補しています。

ご長男に続いて双子のお子さん(二男、三男)を育てられたやないさん。
実は、私の卒論のテーマは、「双生児の生育に影響を与えるのは遺伝子?それとも環境?」(←正しいタイトルではありません。いま「論文」というと妙に厳格だから気をつけなくちゃ)というものでした。
一卵性双生児25組、二卵性双生児25組を対面方式で調査をしました。環境が育ちに大きく影響することがわかりましたが、子どもたちを育てるお母さんの大変さも知ることになりました。

40年も前の調査ですので、「一人では育てられないので、実家の母を呼びました」と言うご家庭がほとんどでした。
というのを思い出しながら、また、ご長男もお母さんを独り占めにして甘えていたのがある日突然新人が出現!それも二人も!!
どういう気持ちだったのかしら・・・などとやないさんのプロフィールを見ながら思ったのでした。

「周辺の人たちのサポートなしでは子育てできなかった」と、地域コミュニティの大事さを実感したやないさんだからこそ、練馬のまちづくりに情熱をもって取り組んでいけると思います。

ほんわりと人を包み込む優しさがあるやないさん。そういう人ほど芯の強さがあるのです。人にやさしい練馬区をつくる「やない克子さん」を応援してください!