姪っ子の「おいこファーム」がオープン!

2014年5月11日 02時01分 | カテゴリー: たべもの, 川・みず・みどり, 活動報告

 

届いた野菜たち

これまで、このブログで姪っ子の農業への取り組みを何度か紹介してきました。これやこれやこれやこれや・・・。その彼女が、千葉県安孫子市で農地(4反・1200坪!)を借りて農業を始めました。先日はNHK出版「やさいの時間」の農女コーナーで紹介されていました。そして、とうとう無農薬野菜「おいこファーム」をオープン。今日初めて野菜BOXが届きました。 

カブ(あやめ雪)、ねぎ坊主、小松菜、葉付き人参、ミニ大根、長ネギ、美味タス、スナップエンドウ の8種類。説明書きが入っていました。

カブ:漬物用の種類だけどフライパンで焦げ目がつくまでソテーすると本当に美味!
美味タス:中心がシャキシャキレタス。外葉は柔らかい肉厚レタス。ビミタス。品種名です。
ネギ坊主:ねぎの蕾。天ぷらが一番。ふきのとうのアクがないイメージ。痛みが早いのでお早めに召し上がってください
・・・・って、
ネギ坊主は早く食べろって?!今夜は焼き魚に加え、ネギ坊主の天ぷらになりました。塩で食べました、大根おろしをおともに。おいしかった~!小松菜はお味噌汁に。明日は、大根葉の炒め煮、人参のしりしり(沖縄の家庭料理)、蕪のごま油とおじゃこ和えでもしましょうか。野菜を見たらしばらく冬眠していた創作意欲が不思議と湧いてきました。 

NHKテレビテキスト「やさいの時間」

「おいこファーム便り」に、農業は人手が大事と言われるけどそれを実感していると書いてあります。お手伝い募集中!だとか。こりゃ、ボランティアで手伝いに行こうかな。母親(私の妹)と、妹(姪っ子の妹)が収穫に駆り出されているのが目に浮かびます。 

畑に遊びに行きたい、猫の手くらいの手助けしたい、という人も受け入れているようです。1人1,500円!「えッ!お金くれるの?」と叫んだら、息子が「そんなわけないだろう。入場料でしょ?お金ないんだから」と。そうかぁ・・・(^_^;) そのかわり、採れたて野菜のお土産付きだとか。

初回のお試しセット7品目で1500円+送料600円。
(夏場はクール代+210円)
お申し込みは、 oiko1987@gmail.com 

若い人が農業に取り組み、それで生きていける構造を作らなければ。

おいこファームの農園主

                 

カブ(あやめ雪)

ネギ坊主