つかはら彩子が立候補しましたー「杉並ルール」を知らない人の駅頭の場所取り

2014年6月23日 13時30分 | カテゴリー: 活動報告, 議会、選挙、政策

南阿佐谷つかはら彩子事務所前での出陣式は雨の降りしきる中 6/22

22日から区長選挙と区議会議員選挙が始まり、生活者ネットワークのつかはら彩子さんが立候補しました。朝から強い雨が断続的に降る中での出陣式。候補者  つかはら彩子さんはきっぱり、「ひとりひとりが大事にされる杉並区をつくるために立候補しました。私を議会に送ってください」と訴えました。

今日は、月曜日。つかはら彩子の地元である荻窪駅で、朝のご挨拶をしようと選挙カーをいつも停める位置に横付けしたら、背広姿の男性が寄ってきました。「ここ、だめだから」と。
私-どうしてですか?
男-場所取りしていたんだから
車、置いてないじゃないですか。
いままで置いてあったんだから。
私が5分前に見たときにもなかったですよ
こっちはずっといるんだから。
だったら何か目印立てておくとか・・・
ふと見ると他の背広姿の男性たちが、「・・・フロンティア」の旗を立て始めていました。 ある区長候補の陣営でした。(さっきなかったのに!)  

わかりました。車は向こうのポスト近くに止めます。朝のご挨拶だけして、
音を出しませんからここに停めます。
車は停めないでください。
お言葉を返すようですが、あなたたちは区長選挙ですよね。私たちは区議選ですからステージが違うからいいじゃないですか。 だいたい、限られた駅に候補者が集まるのだから、複数の車がいて当然でしょ。音出しの順番は別に決めればよいわけで、車を停めて朝の挨拶するのになぜあなたに制止されなければならないのかしら?今日は音を出しませんから。
次の言葉に目がテンでした。

うちと考え方が違う人たちとは一緒に立ちたくないんですよ。
あなたたちのトップは初めて杉並区長選に立つときに私たちに頭を下げにいらしたけど・・・。
XとYは違います。
なにをおっしゃっているのですか。Yさんのポスターには、Xさんと肩を組んだ写真が載っているじゃないですか。そもそも杉並の駅頭では、自民から共産、過激派も一緒に車を並べるんです。あなた、杉並のルール知らないんですか!
そんなルール知りませんよ。ただ、共産党と一緒のところと並びたくないだけです。
ちょっと!共産党と一緒って、あなた失礼でしょ!あなたのお名前は?
なぜ言わなきゃならないんですか。
遊説現場の責任者なら名乗るべきでしょ。私は名刺をお渡ししましたよ。
欲しいと言ったわけじゃない。そちらが勝手にくれたんじゃないですか。

もう、この辺でやめときます。こんな礼儀を知らない輩とはやってられない。
名刺?返してもらいました。もったいないし。この話をうちの代表にしたところ、
「なんで引き下がったの?知らん顔して車置けばいいじゃない。車置くのに許可なんていらないんだから」と。さすが!私はこう見えても穏健派です。

こうして月曜日のスタートを切りました。