本日の衆議院解散で、区議会は即補正予算案が上程になりました

2014年11月21日 18時00分 | カテゴリー: 議会、選挙、政策

1票の格差の是正もなく、議員定数削減もないまま、本日21日、13時に衆議院は解散となりました。
現在開会中の区議会では急きょ「衆議院議員選挙及び最高裁判所裁判官国民審査委託費」として補正予算  (1億8,253万4千円)が上程になり、全議員の賛成で可決されました。←しかし、これって否決になることなんてあるのだろうか。議会が選挙費用の拠出を認めることが必要で諮ったいうことですね。

経費項目は、
投票所経費、開票所経費、ポスター掲示場経費、選挙公報発行経費、立候補関係事務費、選挙人名簿調整関係費、期日前投票および不在者投票経費、選挙啓発費、選挙執行事務費、国民審査投票所経費、国民審査開票所経費、国民審査広報発行経費

今回、立候補者ポスター掲示板は12名貼れる大きさになるとのこと。でも、実際には9名貼れるボードで十分なんだとか。突然の選挙のため、早く用意せねばならず、6人分が基本形のボードに、3人分をギーコギーコ切り離して継ぎ合わせるのは時間がかかるため、6人分のボードを2枚ダッダッとつないで作るのだとか。大変です!