選挙の争点にしなくちゃ!今日から「秘密保護法」が施行

2014年12月10日 09時21分 | カテゴリー: 人権と平和, 安心・安全, 活動報告, 議会、選挙、政策

円より子さんの個人演説会。「“円”より“子ども”、子どもが幸せになる国づくりが大事です」

 

 「今日から秘密保護法が施行されます」

確かにその通りなのです。
昨年12月6日に強行採決の結果、「特定秘密保護法案」が可決されてしまった日です。
その日から、杉並区ではこの法律に危機感を持つ市民が集まり、秘密保護法を葬ろうという行動(秘密保護法の葬式)を始めました。毎月6日は駅頭に集い、この法がなぜ問題であるかを意志ある区議会議員が集まり訴えてきました。もちろん、生活者ネットワークの議員(小松久子都議、そね文子区議、つかはら彩子区議、市橋綾子)も加わっています。

そして今日。秘密保護法が施行されました。わかっていたことですがテレビのニュースで
「昨年12月に国会で成立した秘密保護法が今日、施行されました」
と報道され、悔しい思いで見ていましたが、今回の選挙は「大義のない選挙」と言われるなかで、「これこそもっとクローズアップされなきゃならない大きな争点でしょうがッ!」と吠えたのは言うまでもありません。(家族に「テレビと話すな」と言われますが・・・)
自民公明党(もう区切らない。一緒でいいじゃないですか)は「アベノミクス」を前面に出した選挙を展開していますが、野党は同じ土俵に乗ってはいけません。
秘密保護法、手段的自衛権行使容認、原発再稼働を争点に持ち込まなきゃ!

杉並では円より子さんと上記3点 ↑ に絞って遊説を展開しています。
杉並は「原水爆禁止」の活動発祥の地。良識ある有権者の投票に期待します。