「市橋さん、引退するの?」と聞かれ、「交代です」と答えています

2015年4月5日 10時03分 | カテゴリー: 活動報告

 

原発ゼロのゆるキャラのゼロノミクマと電車に乗って「選挙に行こう!」をアピール

26日に行われる区議会議員選挙にむけた準備が着々と進んでいます

生活者ネットワークの議員は交代制です。最長でも3期(12年)務めたら新しい人にバトンを渡します。私は今期で2期8年務めました。来期出馬する、しないは、内部的には生活者ネットワークの総会で決まることですが、外部に宣言するというか、広報するという場は特別あるわけではありません。ただ、生活者ネットワークの政治を支持していただいている方には、広報物などでお知らせをしています。

3月に立候補予定者に向けて説明会が開かれ、73名の立候補予定者がいると聞きました。(後日1名取り下げ)その予定者リストに「市橋綾子」の名前がなかったのを知った他会派の議員の方から、「市橋さん、引退するの?」と声を掛けられました。
「インタイ・・・って退く意味のインタイですよね?来期出ないだけなのですが」
「それを引退っていうんだよ。なんで?3期までできるんでしょ、ネットは」
「できる・・・、っていうか、私が議員を3期するより、新しい人がネットの議員になった方がずーっと議会のため、市民のためになるっていう判断をしたんですよ」
「えー、なんで?もったいない」 
「いやー、この私を議会に入れておく方がもったいないと思いませんか?私は議員を卒業しますが市民を辞めるわけではありません」
「じゃあ、やめたあと何するの?」
「雨水貯留タンクと浸透ます背負って、浸透ますいかがですかぁ~って行商に出ようと思っているんですけどぉ」
もうこのあたりになるとフツーの議員には理解されず、会話が成立しません。相手は、
「・・・ま、お疲れさま」と。

新人奥田雅子と2期目を目指すそね文子をしっかり議会に送り届けるのが、私の仕事です。