みなさん、おめでとうございます!奥田雅子にバトンが渡りました!

2015年4月27日 11時46分 | カテゴリー: 活動報告

当選が決まり奥田にバトンを渡してホッとして太ったいっちゃん(そうじゃじゃないでしょ!のお叱りの声あり)

杉並区議会議員選挙は翌日開票。私は今回初めて開票作業を見に荻窪体育館に行きました。9時30分時点で、開票作業台が空になっているところもあり、候補者名があ行からわ行まで順に並べられている台の上には200枚ずつ輪ゴムで束ねた投票用紙が候補者ごとに山になっていました。うちの奥田はあ行のか行寄り。「お」は、大泉さん、大熊さん、大和田さん、奥山さん、そしてうちの奥田。結構「お」がたくさんいます。その中でてんこ盛りになっているのが、多分大和田さんかなー、と見ながら、そこの隣が多分「奥田」でそこそこの山。お、当確だな!と思いました。うちの開票立会人もいい顔しているので「よしッ!」と確信して事務所へ自転車を飛ばしました。

結果は、70名中、奥田雅子3624票(14位)、そね文子5200票(4位)で二人とも当選できました。現職そね文子へは、これまで地道に取り組んできた脱原発、子宮頸がんワクチン被害、障がい児童対策の実績が評価されたものだと思います。また、初めてチャレンジした奥田雅子へは、生活者ネットの特徴である「議員は交代制」というルールが浸透して、生活者ネットが行なっている政治活動への信頼が寄せられている実感が持てました。それとともに、新しい人が候補者になることで、候補者の家族、友人、知人が支援の輪を広げたということもわかりました。候補者を通じて「政治」「選挙」を身近にとらえる人が増え、一方通行ではないつながりができることが嬉しいです。

翌日開票は、選対にとっても候補者にとっても「待ち」の辛さがありますが、投票日は体を休めることができるので選対を担っている者にとってはありがたい1日だと思います。ま、事務方も候補者も経験した私だから言えることかもしれません。
とにかく、市民の議席2つ確保です。みなさん、おめでとうございます!