緊急!締切28日。「神田川流域河川整備計画変更原案」に意見を出しましょう!

2015年5月26日 12時00分 | カテゴリー: 安心・安全, 川・みず・みどり, 市民参加のまちづくり, 活動報告

いま、東京都が「神田川流域河川整備計画変更原案」に対して市民意見を募集しています。全部漢字でカクカクカクカクとお堅いイメージですが、沿川住民や地域住民がこういう川づくりをしてほしい、という声を出すチャンスです。

1997年の河川法改正によって、河川整備や改修の計画策定に向けて地域住民の声を聴いて反映させていくことが盛り込まれて、活動をしていた私たちは飛び上がって喜んだものでした。この計画作りの段階で意見を出さねば何もなりません。20~30年後の河川について要望や期待することなど、意見を出しましょう。

しかし、20年後、30年後の河川を今を生きる私たちだけで決めていいのか、という思いもあります。若い人たち、子どもたちに「こういう川が欲しい!」という声を出してもらうことを考える必要がありましたね。今からでは遅いか・・・。
都は小中学校、高校の子どもたちからも声を聞こうという考えを持って・・・いないでしょうね。子どもの権利条例も作れないでいる東京都。子どもの意見表明権は認めないのでしょうか。知事が石原氏から舛添さんに代わったのだから少しは子どもの声に耳を傾ける都政になってもよいのに。東京都って何様なのかなー。大人からの意見をまとめている間に子どもから意見を集められないだろうか。声より「こういう川が欲しい」という絵がいいかも。小松久子都議に言うと「無理」とひとこと。でも、絶対子どもの声も集めたいと思っている職員がいるはず(と思いたい)。そういう職員を探す、育てるのも行政職員と接触する機会が多い議員ができることだと思います。がんばれッ、小松!

杉並区では2年前に基本構想を策定しましたが、子どもの意見募集をしました。作文を書いたり、絵を描いたりと表現方法は子どもが取組みやすい形で提出していました。田中区長はまだお若いせいもあり(そうでもないか?)特に愛想がいいわけではありませんし、子ども好きという感じはしませんが、前出で紹介したように子どもから声を集めるとか、子どもたちの要請行動に対しても大人のそれと同等に扱うなどとか、なかなかいい感度をお持ちです。

東京都でも川の日(あれ?いつだっけ・・・7月7日でした)写真を都議会棟の1階ギャラリーロビーで展示しますが、子どもが描く「こんな川がいいな」をテーマにした夢のある川の絵も展示したらどうでしょうか。都の職員にも見てもらいたいものです。
 ちなみに石神井川河川整備計画についても意見募集をしています。前出のリンクでご覧ください。両河川とも28日までです。
ご意見はメールで提出できます。アドレスは下記です。
S0000384@section.metro.tokyo.jp 
性別、年齢(例:30代)、お住まいの地域(例:○○区)を明記することになっています。