そのことは考えないことにしているんだー子どもの名言!

2015年8月5日 16時58分 | カテゴリー: こども 教育, 市橋あや子は考える, 活動報告

クワガタが入っているケースをクーラーボックスに入れる。夜は両サイドに保冷剤を置いてクーラーを切ります。

夏休みが来ると、娘一家が沖縄に帰ります。
すると残されるのはクワガタ君。我が家にお泊りです。(ギャッ!)
お世話をして(孫Ⅱの「あーちゃん、28度以上にならないようにしてね。死んじゃうから」の言いつけを守っています)、クワガタ君と一緒に帰りを首を長くして(クワガタ君は鍬を研いで?)待ちます。

西荻の友人がやっているお店でこのクワガタの話をしたら、お客さんのうちの一人が、
「うちの孫が小さかったころ、しゃくとり虫を何匹か採ってきてフィルムの空ケースに入れて飼おうとしたのよ。翌日、みんな死んじゃったって言うから、どうしちゃったの?って訊いたら何も言わないの。どうやら、ケースいっぱいに水を入れたらしいの。水をあげなきゃって思ったのよね、子どもながらにも。結果、水死。なんで水を入れっちゃったの?と訊いたら、“そのことは考えないことにしているんだ”って」 
一同爆笑。 

なるほど、「考えないことにしているんだ」は名言かも。
うちの首相も毎日そう思って一日が終わるんだろうなー。
子どもなら笑えるが、大人はそうはいかない<`ヘ´>