かいぼり午後の部でこけてヒビー日々努力の成果、か?

2015年11月25日 10時27分 | カテゴリー: 活動報告

「ヒビ」と診断され、湿布の上から包帯をきつーくぐるぐる巻きに。トホホ

21日土曜日午前中のかいぼりは、水が抜けないため水が腰の高さまで来ている水の中の作業でした。成果はあまり上がらず、水中歩行に慣れるので精一杯でした。

昼食後、午後の部出発!
午後の作戦は 横一列になって魚を岸側に追い込もうということになり、追い込み組と岸辺で網を入れる組に分かれ、私は岸辺組に。
網を浅いところに入れて魚をすくおうとした途端、池の底に横たわっていた太い枯れ枝に気づかずつまずき、バランスを崩して前につんのめった!
手を突こうとしたら深い!
わー、胴長靴の中に水が入ってきた!
右手に持っていた網が泥の中に埋まってしまっていて抜けない。
ガッ!と引っこ抜いたらその反動で護岸にあった岩にバッチーン!とぶつけた。
胴長靴の中の水が背中側からも入ってきて、胴長の中はチャッポーンチャッポーンと。
ビチョビチョが気になって池から上がり、一足お先に着替えて地上の人に。

翌朝、右手首のぐりぐりのところが赤くなり、若干腫れていました。
(アッチャー、ヒビかなー。日々努力しているし)なんてFBに書いて遊んでいたのですが、痛みも強くなって来ました。救急病院(かいぼりは11月21~23日の三連休に実施)に行こうと杉並区のHPで休日診療の外科病院を探したのですが、医療機関案内サービス「ひまわり」の案内があるものの、お話し中で電話がつながりません。「ひまわり」のHPで直接探せるようになっているのですが、やけに詳しく書いてある半面、休日診療に関しての情報は拾えず、ケガした私にとって役に立たないHPでした。

そうだ!となりの武蔵野市役所のHPはどうかな?と覗いたところなかなか優れたHPでした。休日診療のページがあり、医療機関名と診療時間が書かれてあります。そこでようやく市役所隣の病院にたどりつき電話したところ、外科の医師しかいないがレントゲンは撮れるのでおいでください、と。その結果が右手首の「ひび」。(やっぱり日々努力の成果や)などと思いながらきつめの包帯をぐるぐる巻きにして帰ってきました。

そういうわけで2日目のかいぼりは見学だけと相成りました。