大変!夢の水路に水がない!生き物たちはどこ行った!

2016年2月19日 01時59分 | カテゴリー: 川・みず・みどり, 活動報告

水が干上がったみんなの夢水路。

水が干上がったみんなの夢水路。

市橋さん、大変です!揚水ポンプの停止で、水路の水が干上がりました。水生生物がほぼ壊滅状態にあります。

今朝、善福寺公園近くに住む方から上記のメールをいただきました。場所は都立善福寺公園の中を流れる水路。上池と下池を結ぶ160メートルの水路で、いま、区が子どもたちが入れる水路づくりに着手しているところです。

早速見に行ったところ、ない!水がない!どーしちゃったの?
水路の下流から上流に向かって歩いていくと水の音が聞こえない。
聞こえないはずです。上池の道路寄りのところから汲み上げているポンプが止まっています。そのせいで水路への水供給がストップ。上池の水も下池に向かって流れていません。

ひび割れた川底が露出しています。「やっぱり六角形だ」・・・じゃなくて

ひび割れた川底が露出しています。「やっぱり六角形だ」・・・じゃなくて

善福寺川公園サービスセンターに行って様子を聞きました。
「水路に水が流れていないんですが、何かあったのですか」
「上池に枯れ葉が溜まって下池の方に流れる堰にたくさん葉っぱが引っかかってちょっと臭いも出てきて、周辺の方から苦情をいただきまして。29日から清掃を行うためにいま池の水位を下げているところで、ポンプも停めています」と。
「揚水ポンプが停まったら、水路に水が行かないわけで、生き物が死んでしまいますよね。杉並区は生き物が生息する水辺づくりをしているのにまずくないですか?」
「水路に水がないんですか。水路のことは考えていませんでした」これにはびっくり!
「事前に、水を停めますってお知らせいただければ生き物も救出できたと思いますよ。生き物が生き続けられる水路にするにはどうしたらよいかお考えください。」
と言って帰ってきました。

区民とワークショップ形式で、「どういう水辺がいいか」「こんな水辺を作りたい」と夢を出し合い話し合いを重ねて来たところなのに、サービスセンターは全然そんなことはお構いなしでした。区は都にもっと情報提供し、都も区にこういうことしますよくらい情報出さなくちゃ。ほんと、風通し悪!
現在、水路がかいぼり状況。考えもしなかったことです。
あーあ、今年、ヒキガエルは繁殖できないかも。

IMG_20160219_115630 IMG_20160219_115706そういえば、以前このサービスセンターは、遅野井の汲み上げを停めたことがありました。停めてしまう前になぜ止めるかという理由を書いて張り出さないのか、と言いに行ったことがありました。翌日すぐ掲示をしてくれて。やればできるじゃないか。
そして、今回。遅野井にちゃんと張り紙がしてありました。よしよし。
同じことはちゃんとできるのに、新しいことだとできない。こういうのってまずくないですか。利用者あっての公園です。