熊本地震から学ぶ~生き延びるためのホントの話~

2016年6月29日 23時32分 | カテゴリー: 活動報告

ちらし表2011年の東日本大震災直後、杉並でも激しい揺れを体験した人たちが「私たちがお客さまじゃない体験型の防災訓練が必要だよね」と集まって、市民版災害時避難疑似体験「サバイバルキャンプ実行委員会(略:サバキャン)」を立ち上げました。そのサバキャン主催の座学(おべんきょ)「熊本地震から学ぶ」が開催されます。

熊本地震発災直後から現地に飛んだ、上級救急救命士、障がい者の人権を注視している憲法学者もボランティアで現地に入った報告、現地とスカイプで結び東日本大地震で避難していた熊本で今回被災した方の登場もあります。

ちらし裏直下地震が心配される東京。私たちが「生き延びる」をテーマに考え、備えるためのフォーラムです。
どうぞご参加ください。準備上、参加のご連絡をいただけるとありがたいです。私も応援団です。片棒担いでいますよ~。

日時:7月9日(土)14:00~16:30
場所:阿佐谷中学校 開放会議室
参加費:200円

第1部 被災地からの報告
第2部 生き延びるための情報交換

恒例になった「私の防災グッズ自慢」自慢したいグッズがあればお持ちください。

サバキャン事務局 (人イエまちネットワーク内  担当:山田)
☎ 5377-7166
e-mail: survivalcamps2014@gmail.com