5回目の正直で波照間島に行けましたー熱中症でダウン寸前

2016年8月10日 17時04分 | カテゴリー: 沖縄, 活動報告

波照間島のニシ浜。ハテルマブルーの素晴らしいこと!

波照間島のニシ浜。ハテルマブルーの素晴らしいこと!

波照間浜

ニシ浜。まだこの時は元気良かった。

IMG_20160810_231724過去4回、波照間島行きの船が出ず、石垣島に足止めされてきました。石垣島を旅の目的に訪れた回数を入れると通算7回、石垣島に来島しています。秋から冬にかけて訪れることが多く、その季節は風が強くて欠航することが多いと言われてきた身としては、今回絶好のチャンス。

今回は、船に空きがあったら乗ろうということで、前日に空き待ちして翌朝離島ターミナルに。なんと空き待ち番号11番。こりゃ今回も無理だ、とあきらめていたところ、なんと!15番目まで乗れました。

夢にまで見た波照間島。ここも竹富町です。竹富町役場は石垣市役所の裏にありますが、竹富町の人たちは住民票などの書類を取りに石垣島まで行かねばなりません。西表島に竹富町役場を移転しようという住民の運動があります。

さて、波照間島の海はハテルマブルーと名前がついていて、なかでもニシ浜の海はひたすら青く、白浜はひたすら白く、中学生時代に版画にした風景ー青い海、白い砂浜、青い空にカモメが舞う、つまり2色刷り。隣りの席の男子に「井口さん(旧姓)のは簡単でいいね」と言われた-そのままズバリでした。

自転車で最南端を目指しましたが、緩やかな上り坂、木陰はなし。帽子をかぶって濡れタオルを首に巻いていたもののすっかり強い日差しと照りにやられ、飲み物は持っていたにもかかわらず、最南端に着いたころには、手はしびれ、口元もしびれがきて、意識はボーーーっと。これって、熱中症!!救急車呼んだら来るのかなー、と意識が遠くなりかける寸前、友人が自販機で冷えた水を5本買ってきてくれました。それを両脇と鼠蹊部に当てて冷やし、1本をごくごくと飲み干し、やっとのこと人心地がついて一命をとりとめました。怖い怖い。

暑い沖縄で日中自転車をこいではいけません。それも最南端で災難たん?