日本政府が「核先制不使用に反対」っておかしいでしょ!

2016年8月20日 00時50分 | カテゴリー: 人権と平和, 安心・安全, 市橋あや子は考える, 活動報告, 議会、選挙、政策

news23のニュースで流れましたが、他の放送局ではついぞ見かけませんでした。

17日のnews23のニュースで流れましたが、他の放送局ではついぞ見かけませんでした。

ニュースを見ていて思わず耳を疑いました。聞き間違え? 15日付のワシントンポスト紙が伝えたもの、と言っています。
オバマ大統領が核先制不使用-敵の核攻撃がない限り、先に核兵器を使用しない-を打ち出したことに対して、日本政府は「反対する立場」をアメリカ政府に伝えていた、というのです。

安倍首相が最近、アメリカ太平洋軍のハリス司令官に
「抑止力が弱まるからね、北朝鮮が撃ってきたとき間に合わないじゃないか」と反対の考えを直接伝えたというもの。
ただただ目がテン。「エーーーツ!」と声をあげたものの安倍首相なら言うかも、と思ったのも正直なところ。何かゾッとするのと、恥ずかしいのとがいり混じって、情けない思いでニュースを見て吠えていました。

日本の首相って、国内で言うことと国外に言うことが違うんだ。こういうのを「インチキ」って言うんじゃないの?
安部首相の広島でのスピーチは、
「核兵器のない世界を必ず実現する」と核兵器の悲惨さを訴えたものだったではないか。
オバマ大統領だって、広島の地をアメリカの大統領として初めて訪れ、
「核兵器のない世界を追求しなければならない」とスピーチした後、自国に帰って「核先制不使用」を打ち出したというのに、
日本は喜ばずに「核兵器不使用なんてやだやだ。ぼくちゃんたち、北朝鮮にやられちゃうじゃないかぁ」と安倍首相に言われ、なんと感じたのでしょう。「アンビリーバボー」でしょ、それじゃ。恥ずかしい。

日本は唯一の被爆国。これまで核兵器の廃絶を訴えてきました。今回の安倍首相の発言は、アメリカの核の傘に守られていることを公言したことになります。この日本の「本音」について、アメリカの有識者からは
「安全保障関係の会議で、日本側の出席者から核を廃絶しようなんて一言も聞かなかった。中国や北朝鮮が核攻撃能力を持っていることを考えれば、日本の政策担当者はアメリカの核兵器所持を歓迎しているだろう」なんてコメントが出る始末。日本の政策担当者ってアメリカの会議で何を話してきているのだろうか?こういうのって公文書として残されていないのだろうか。

こんなニュースを被爆者の方たちはどんな思いで聞いているのか…と思っていたら、ちゃんとインタビューがされていました。
「日本政府が核先制不使用に反対と言ったというのは納得できない。本来なら日本は核先制不使用を実現させるために核保有国との溝を埋める役割をしなければいけないのに、押しとどめようとするのは論外」
と当然ながらの声があがっていました。

こんなことが、他国の新聞から漏れ伝わってくる状況に、秘密保護法を国会で無理やり通した安倍首相率いる現政権の恐ろしさを感じました。このニュースは17日のTBSの夜のニュース番組の中で流れましたが、新聞はオリンピックに山ほどの紙面を使っていますが、この件に関して一切触れず。(朝日デジタルニュースで流れていましたが)A新聞さえも書いていない。N新聞も書いていない。(S新聞、Y新聞だって書いていないんじゃないかな?)圧力がかかってまた屈したのか?ペンは剣よりも強しのはず。しっかり書いて伝えてほしい、本当のことを。

現在も日本側の説明はありません。どういう理由で、核の先制不使用に反対しているのかを政府の責任者がきちんと説明すべきです。