見習ってもいいかも。中野区の自転車ナビマーク

2016年9月16日 23時48分 | カテゴリー: 安心・安全, 市橋あや子は考える, 自転車・道路

IMG_20160916_170007_resized_20160916_110949056今日は運動グループの代表者会議が練馬区中村でありました。
会議が終わって、西武新宿線鷺ノ宮駅(中野区)まで12~13分の道のりをいつものように歩いていて「ん?」。いつもと違うことに気がつきました。
道路に自転車の絵がプリントしてあります。
「何なのかしら????えッ!!!!これって自転車ナビマーク?・・・・エーーーーツ!あの中野区が!!!!????」←中野区さん、ごめんなさい

杉並区は東京都が試行した自転車レーンの社会実験以降、まったく何も自転車レーンについては取組がされていません。
ところが今日の中野区のナビマークには正直言って「負けた」と思いました。
自転車レーンはできなくても、「左を走る」「自転車は車道を走る」を示しています。
でもこのマーク、手前に走るプリントになっているから逆走(道路の右側を走ること)をあおっている?・・・そんなわけないですよね。

ご丁寧にこの表情

ご丁寧にこの表情

杉並、頑張れ!