NHK受信料の領収書、支払った人全員に出すべき?それとも希望者だけでよい?

地デジ化はNHK受信料の取りはぐれがなくなるシステムだったのか?

議員控室のテレビは旧型のままでチューナーを接続しています。
議員控室のテレビは旧型のままでチューナーを接続しています。
家に帰ると夫がブチブチ言っています。「なに?」と聞いてみると、
「NHKから手紙が来てサ。受信料の領収書が必要な人ははがきで知らせろ、って書いてあってさ。返事しないと領収書は送られてこないんだって。経費節減だっていうけど、おかしいよ。人の金を通帳から引き出しておいて、領収書が欲しいなら申し出よって。言わなきゃ領収書を出さないなんて国家の放送局がやることじゃないよ、まったく。だから“必要”に○つけて出したけどさ」と、珍しく怒っていました。
「わざわざ郵送料かけて領収はがき送ってこなくてもいいと思うけど…」と言うと、
「絶対おかしい。人から集金しておいて領収出さないなんて、おかしい」

ま、そう力強く言われてみると、コンビニであったとしてもレシートを「出した」のち、こちら側が要るなら受け取り、要らないなら受け取った後に不用レシート入れに捨てるわけで、レシートは「発行される」わけですね。それを、NHKは「発行せず」に必要な人だけ発送するという発想は、言われてみればおかしい、かも。

我が家も地デジ化でテレビを買い換えました。国が決めた電波の都合によって、地デジ化が始まり、これまで使っていたテレビが見られなくなりました。テレビを引き続き見ようとする人はテレビを買い替えるか、チューナーを取り付けるかしなければならない。つまり、国家の都合で個人が出費を余儀なくされたわけで、「それは、おかしい!」と言っている人がいました。全国民にチューナーを配るべきだ、と。そのうえで、チューナーじゃいやだという人が個人の判断でテレビを買うのが本来だろう、と。なるほど…。

そういえば、地デジ対応のテレビを購入したら、テレビ画面に「NHK受信料」のことがドーンと映っていて、「NHK受信料の未納を防ぐために、手続きが完了していない世帯のテレビ画面に『受信料のお知らせ』が大きく表示されて、それに邪魔されて番組が見られないようになっている」と訴えて来られた方がいらっしゃいました。これまた、なるほど・・・。

しかし、テレビ番組の質がかなり落ちていませんか?高尚な番組を望んでいるわけではありませんが、一仕事終わって、テレビでも見て…、と思ってチャンネルを繰るのですが、見たい番組がない。ニュースが終わる零時以降は全くと言っていいほど、ない。大人が見る番組がないということは、早く寝ろ、ということ…ですよね。無理に放送しているようにしか見えない。お笑いの仲間内の話を私たちが見せられている。民間放送は無料だからだれも苦情を言わない。スポンサーが苦情を言うべきだと思うなー。視聴者が被害届を出してもいいくらいにひど過ぎる。