「関根プールの廃止」にむけた条例案が審議されます

築40年以上のプールはけやき公園プール、和田掘公園プールがあります。維持経費がかなりかかってきています。先日、結婚してすぐに買ったピーラーが壊れました。37年間使っていたものです。↑ひげそりではありません。壊れますよね…関係ないか?
築40年以上のプールはけやき公園プール、和田掘公園プールがあります。維持経費がかなりかかってきています。先日、結婚してすぐに買ったピーラーが壊れました。37年間使っていたものです。↑ひげそりではありません。壊れますよね…関係ないか?
昨年3月11日に発生した大震災により、上荻にある関根文化公園プールの壁が落ち、地盤沈下、ろ過機が故障するなど被害が出たことは以前書きました。
つくられてから40年以上経っていること、利用者も年々減少している(1990年3万2千人、2010年1万2千人、2011年1万7千人←猛暑)ところから、関根プールは「改修」「建て替え」ではなく「廃止」とする方向で区による地域説明会が行われました。年末(12月27日)の夜ということもあり、参加者は7名(小学生の保護者1名、近隣の住民6名の計7名)。

☆70年前、あそこは釣り堀で魚が泳いでいた。プールになると聞いた時は、今度は人が泳ぐのか、と思った。「歩いて文化の生まれるまち」なんだから緑を守って、高いもの建てないでほしいね。
☆緑をつくってほしい。
☆撤去するときは工事のスケジュールを出してほしい。←プールを廃止することになっても来年度すぐ撤去になるかどうかは未定。
☆撤去するとすればいくらかかるのか。←約2,500万円
☆関根プールがなくなると、子どものプール遊びをどうするのか

暫定的に公園として整備する方向ですが、撤去費用が予算計上されてからとのことでした。
現在、屋外プールは夏期2か月だけ営業。維持管理経費が4,800万円かかっている。これからのプールは健康づくりを主眼に置いてつくられるので1年中使えるプールにシフトしている。つまり屋外プールはつくらない。2年後に大宮前スポーツセンターができる。
…の説明がありました。

区の説明に説明会参加者から反対意見はなく、何も置かない公園を希望する声が多く出ていました。子育て中の人が参加しにくい日程設定だったせいでしょうか。昼間の時間帯も必要だったと思います。
そして今定例会に、プール廃止に伴い「体育施設等に関する条例の一部を改正する条例」議案が出されています。予算特別委員会の中で審議されます。