ブン ブン ブン・・・銀座の屋上で新農薬ネオニコチノイドを考える

年間900kgも採れ、地域産業の基になっている蜂蜜

新パルプ会館の屋上。西洋ミツバチの檻の前で。みんな白い服装をしています。
新パルプ会館の屋上。西洋ミツバチの檻の前で。みんな白い服装をしています。
銀座のビルの屋上でミツバチを飼う−「NPO法人 銀座ミツバチプロジェクト」の事業がテレビや雑誌で紹介されていますがご覧になったことがありますか?
養蜂場所は銀座松屋の裏手にある「新パルプ会館」の屋上。

杉並・生活者ネットの環境部会企画で、関心ある方たちにも声をかけて急ぎ見学をしてきました。久々に杉並区域外に出る。それも銀座!それだけでもワクワクしながら電車に乗りました。白い服(蜂は黒い服に寄って来る、ラシイ)を着た10名が銀座松屋裏に集合。なにか異様な集団か?

屋上ではニホンミツバチ(「ニッポン」ではなく、「ニホン」)と西洋ミツバチ両方を飼っていました。西洋ミツバチは縄張り意識が高いためクリアボードで四方を囲われた空間に4箱置かれて飼育されていました。一方ニホンミツバチは飼育箱が4つチョンチョンとただ置いてあるだけ。

これらのミツバチは両方で初年度300kg蜜を集めたとか。ところが昨年は、なんと900kg! ♪♪よ〜くはたらく、よい子ども〜  ←この歌、うちの子どもが小さかった時にお手伝いをするたびにご褒美に歌ってあげていたら、しまいに「そのうたキライ!」と言われてしまった(+_+) もちろん私の作詞作曲です(^_^)v 

西洋ミツバチは周辺4km四方から、ニホンミツバチは2km四方からミツを集めてくるそうです。皇居、浜離宮、銀座の街路樹、聖路加ガーデン…案外みどりが豊かなのには驚きです。ユリの木、ソメイヨシノ、マロニエ等など。ニホンミツバチが集める蜜は、さまざまな花の蜜が交じるので「百花密」と言うそうです。一方、西洋ミツバチは単独の花の蜜を集めるとのこと。

同行したうちの藤田愛子代表はえらく「女王蜂」をお気に召したようで、生まれた時は女王蜂も働き蜂もローヤルゼリーを3日間食べるが、4日目から働き蜂の餌が変わる、女王蜂だけローヤルゼリーを食べる、という話に大きくうなずいてご満悦でした。(なぜだ?)

さて近頃、弊害が指摘されてきた有機リン系農薬に替わって登場した「ネオニコチノイド系農薬」について、ニホンミツバチの減少から生態系への影響を唱える声がたかまっています。人体への影響はあるのか、ないのか。1つの食材を通して、食べる側とつくる側の議論を重ねていくことが必要だと感じています。